仮想通貨のおすすめ人気ランキング2018を作成しました。

どんな仮想通貨があるのか知りたい場合は、まずこの記事をご確認することをおすすめします。

仮想通貨おすすめ人気ランキングの作成方法

これから紹介する仮想通貨おすすめ人気ランキングの作成方法を紹介します。

「暗号通貨」「仮想通貨」というキーワードと「仮想通貨名」を組み合わせた以下のようなキーワードが、

  • 暗号通貨 ○○
  • 仮想通貨 ○○
  • ○○ 暗号通貨
  • ○○ 仮想通貨

 

どのくらい検索されているのか、GoogleキーワードプランナーというGoogleのサービスを使って半年間の検索数でランキングを作成しました。

今回のランキングでは、仮想通貨名は英語表記のみで検索数を調べました。

本来であれば、「ビットコイン 仮想通貨」などの検索数が多いと思いますが、今回は英語表記に限定しております。

例えば「仮想通貨 BITCOIN」という形です。

英語の大文字と小文字は区別なく検索数が表示されます。

では、さっそくランキングの1位から10位まで紹介して、仮想通貨の種類だけではなく、それぞれの特徴も簡単に説明していきます。

仮想通貨の種類とおすすめ人気ランキングまとめ2018

それでは仮想通貨ランキング2018と特徴を紹介していきます。
 

第1位:RIPPLE
仮想通貨RIPPLE

RIPPLEとは決済システムの名称で、厳密には仮想通貨ではありません。

RIPPLEを中心として周りにはドル・円といった現実の通貨、ビットコインなどの暗号通貨も含まれたネットワークが組まれています。

別の通貨間では例えば「円→XRP→ビットコイン」といったやりとりが行われる仕組みです。

銀行を中継する必要がなくスピーディかつローコストな送金ができるため大いに注目を集めています。

 
 

第2位:NEM
仮想通貨NEM

NEMの大きな特徴はPoI(プルーフオブインポータンス)と呼ばれる認証システムです。

NEMではユーザー全員に付されている”重要度”が高い人ほど強い権限を得てブロック生成を行い報酬を得ます。

ビットコインなどのように莫大な電力消費は必要とせず、エコな仕組みとして注目されています。

重要度は取引回数や金額などを総合して決まるため、NEMの利用頻度が多い人ほど強い権限を得られます。

これまでのように端末の処理能力や通貨の保有量に左右されない、公平な仮想通貨として名を馳せています。

 
 

第3位:LISK
仮想通貨LISK

LISKの大きな特徴は発行総数が定まっていない、つまりは無限であることです。

時間が経過するほど通貨の総量が増えるため価値が増減する可能性も高まります。

しかし既存通貨のように誰か(中央銀行など)が意図的に増やすことはできないため価値暴落のリスクは低いと考えられます。

通貨数が増えれば処理するデータ量も増えますが、そこでLISKではサイドチェーンと呼ばれる仕組みを用意しています。

多くの暗号通貨ではブロックチェーン上にユーザー全員の取引概要と詳細な内容が記録されています。

対してLISKでは取引概要はブロックチェーン上に、詳細な内容はサイドチェーンに分けることでブロックチェーン上のデータ量軽減と承認スピードの向上を図っています。

データを分散することで不正アクセスで全体が損害を被るリスクも軽減できるため、ユーザーの利便性が高いとして人気が高まっています。

 
 

第4位:STEEM
仮想通貨STEEM

STEEMとはブロックチェーン技術を利用したソーシャルメディア「Steemit(https://steemit.com/)」で利用できる仮想通貨です。

イメージとしてはSNSのようなもので、日記などのコンテンツを投稿するとSTEEMを獲得できます。

投稿したコンテンツが人気を集めると更にSTEEMを得られるため、質の高い内容が期待できるでしょう。

獲得したSTEEMはBitcoinなどに換金可能です。

 

第5位:AUGUR
仮想通貨AUGUR

AUGURとはブロックチェーン技術を利用した未来予測先物市場サービスの名称です。

例えば「2018年1月末の日経平均株価は?」といったお題に対して、ユーザーは予想を立ててREP(AUGUR内でやり取りする仮想通貨)を賭けます。

見事当たればオッズ(倍率)に応じて報酬が貰えますし、外せば賭けたREPは失われる仕組みです。

AUGURの特徴はお題(予測の対象)から倍率設定、報酬の支払いまでブロックチェーン上で行われます。

既存の先物取引などのように取引所が介入することもないので、公平公正な取引ができるわけですね。

単なる賭け事の枠を超えて未来予測に資するツールとなるか期待が寄せられるところであります。

 
 

第5位:WAVES
仮想通貨WAVES

WAVESで特筆すべきは独自の仮想通貨を発行するのではなく「法定通貨をサポート」する体制を取っていることです。

例えば「円→ドル」ならWAVESが間に入り「円→WAVES→ドル」となります。

同じコンセプトのRIPPLEでは取引の合意を金融機関で行いますが、WAVESでは全てがブロックチェーン上で行われます。

仮想通貨への魅力を投資よりも国際送金の時間・コスト削減に感じる方には実に有用なように思えます。

2016年6月に世界初のブロックチェーン上での株式発行があった(http://cryptocurrencymagazine.com/waves-partner-with-bioviva)こともあり、今後の動向から目が離せません。
 

第7位:DASH
仮想通貨DASH

DASHは匿名性に特化した仮想通貨となっています。

多くの仮想通貨では「誰が何を買うために誰にいくら払ったか」までがブロックチェーン上に記録され、その情報は誰でも閲覧できてしまいます。

対してDASHでは送金依頼を受けた通貨を一旦シャッフルすることで「誰が何を買うために」の部分を消してしまいます。

そして「誰にいくら払ったか」の部分しかブロックチェーン上に残さない仕組みになっているため安心して利用できます。

DASHで支払いができる自動販売機が既に登場していることやYoutubeがスポンサーになっていることからもこの特徴は大いに評価されていると言っていいでしょう。

 
 

第7位:MONERO
仮想通貨MONERO

MONEROも匿名性に特化した仮想通貨の一つです。

ものすごく端折って説明すると、取引の情報を細かく分解して複雑に組み合わせてから発信することで他者からの読み取りできない仕組みになっています。

その複雑さから電子マネーのように汎用性が高い使い方はできないだろうと言われています。

しかし秘匿性の高さはプライバシーを守る上で大きな有用性があると評価も受けています。

例えば2013年エドワード・スノーデン氏の内部リークから端を発したNSA(アメリカ国家安全保障局)不正電波傍受事件のような国家レベルの人権侵害への対策になるかもしれません。

 
 

第9位:FACTOM
仮想通貨FACTOM

FACTOMはブロックチェーン技術を応用した証明システムです。

例えば住民票が必要なとき、市役所まで足を運び面倒な発行手続きを踏まなくてはなりませんよね。

この手続きを全てオンライン上でやってしまおう、というのがFACTOMです。

ブロックチェーン上に記録されたデータはユーザーみんなで管理している状態です。

誰かが改ざんすることも、データ紛失の心配もないため安全かつ低コストで証明書類のやりとりができるようになるのです。

そしてFACTOMの利用に必要なのが共通通貨「Factoid」になります。

まだまだ知名度は低いですが官公レベルまで普及すれば利便性は計り知れない、画期的なシステムと言えるでしょう。
 

第10位:BITCOIN
仮想通貨BITCOIN

言わずと知れた仮想通貨の元祖ですね。

その知名度は抜群で現在も世界の暗号通貨時価総額ランキングトップを独走しています。

その一方で取引認証まで10分ほどかかるなど、一般的に普及するには少なからず問題を抱えています。

しかしそこは世界で最も注目されている仮想通貨、多くの人々が諸問題の解決に力を尽くしています。

仮想通貨の元祖にして王者BITCOINの独走は続くことでしょう。
 

第10位:NXT
仮想通貨NXT

NXTはビットコインの後継を主張した最初の仮想通貨で、アルトコインの中ではかなりの古株です。

大きな特徴は”コインの残高のみ”で権限の強さが決まるPoS(プルーフオブステーク)方式ですね。

複雑な計算が必要ないので決済スピードは約1分と優れています。

他にもユーザーが独自通貨を発行できる機能や発行した独自通貨同士を、NXTを介して取引できる機能も備わっています。

開発側が利便性に力を入れているため、普及しやすさは群を抜いていると言えるでしょう。
 

第10位:ZCASH
仮想通貨ZCASH

ZCASHは通貨としての機能である”決済”を中心としている仮想通貨です。

多くのアルトコインが通貨以外の機能に力を入れているのと対照的ですね。

そしてZCASHの大きな特徴は高い匿名性です。

保有通貨量はもちろん取引の内容すら追跡不可能な「完璧な秘匿性」を売りにしています。

MONEROやDASHなどを見てもわかるように、匿名性はユーザーに選ばれるのに重要な要素と言えるでしょう。

日本国内での知名度はイマイチですが海外では各国の大手メディアが取り上げるなど注目度の高い仮想通貨の一つといえます。

 
 

仮想通貨の時価総額ランキング

次世代の通貨として関心の高まっている仮想通貨、その種類も日に日に増えています。

他にどんな通貨があるのか、そしてオススメ通貨の今の値段はいくらなのか…気になりますよね。

詳しくは以下の世界の暗号通貨の時価総額をランキングで掲載しているサイトをご確認ください。

CoinCap.io
CryptoCurrency Market Capitalizations
 

以上、今回は仮想通貨の種類とおすすめ人気ランキングまとめ2018!について紹介しました。