最近何かと話題の仮想通貨。

「仮想通貨でこんなに儲かった!」「ビットコインで億り人」などメディアで毎日のように見聞きするように世の中は空前の仮想通貨ブームです。

仮想通貨の取引に興味を持たれた方も居られると思います。

2018年6月8日現在、チャートや仮想通貨のマーケット情報を提供しているコインマーケットキャップ(Coin Marcket Cap)によれば、仮想通貨の数は1635種類以上

こんなに多くてはどの仮想通貨を選択すればいいのか迷ってしまいますよね・・・。

そんな時に役に立つのが時価総額です。

今回は仮想通貨の時価総額をランキング形式でまとめてみました!

ネットでの検索数を元にした”人気の仮想通貨ランキング”もご覧ください(^^)
    ↓    ↓    ↓


スポンサーリンク


仮想通貨の時価総額ランキングトップ10!

時価総額と言うのはその仮想通貨が市場でどれほどの価値を持っているのかを表す指標になります。

計算式は(時価総額=発行枚数×コイン一枚の現在価格

簡単に言うと時価総額が高ければ高いほど需要があるということ。

時価総額が高ければ高いほど人気のある仮想通貨ということになりますが、仮想通貨の価格の変化は激しく順位が大きく変わることもあるため随時確認が必要です。

2018年6月8日時点で、1635種類の内ほとんどの仮想通貨はあまり取引が行われていませんが、今回は頻繁に取引されている人気の仮想通貨上位10を紹介するのでご参考ください!
 

順位 仮想通貨(単位) 時価総額 価格
1 Bitcoin(BTC) 14兆89億8150万5005円 820.883
2 Ethereum(ETH) 6兆2179億4209万5755円 62.318
3 Ripple(XRP) 2兆6113億9923万5318円 67
4 Bitcoin Cash(BCH) 1兆8900億500万7004円 110.157
5 EOS(EOS) 1兆1984億6136万1629円 1.344
6 Litecoin(LTC) 7371億7472万1874円 12.986
7 Cardano(ADA) 6115億788万450円 24
8 Stellar(XLM) 5874億7742万1472円 32
9 IOTA(MIOTA) 5160億9997万6657円 186
10 TRON(TRX) 4393億4711万5977円 7

やはり1位は仮想通貨の代表ビットコイン(BTC)!

仮想通貨ビットコインロゴ

ビットコインの値動きが他の仮想通貨にも影響を及ぼす様に誕生以来不動の1位に君臨しています。

時価総額も2位に7兆円も差をつけているなどもっとも信頼でき今後も1位を譲ることはそうそうないでしょう。

2位、3位はイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)とどちらも企業からの業務提携など明るいニュースには事欠かず、ここ数年は上位をキープしており安定感があります。

イーサリアムに関しては、イーサリアム決済が導入されたことにより今後さらに需要の拡大が見込まれます!

イーサリアムの今後の予定についてこちらの記事にまとめています。
     ↓ ↓ ↓

4、5位は時価総額1兆越え!10位までは時価総額4000億以上

2017年8月1日に誕生したビットコインキャッシュ(BCH)も上位を常にキープしていますが、同じく時価総額1兆円越えの2018年4月に価格の急騰したイオス(EOS)は将来的に大企業が導入することを目的としており、機能や性能が優れている実用性の高い仮想通貨として急上昇しました。

特に期待も高くその将来性はイーサリアムをも凌ぐとも、、、!
これから注目の仮想通貨です。

ビットコインキャッシュとビットコインの今後のチャートについてこちらの記事にまとめています。
     ↓ ↓ ↓


 
 

TOP10内の仮想通貨は時価総額4000億を超えておりTOP10入りの現在の一つの目安となっています。

ここに並んだ仮想通貨は比較的固定されており比較的安定した銘柄と言えると思います。

最新の時価総額がリアルタイムでわかるアプリを紹介!

ここからは時価総額がリアルタイムでわかるアプリを紹介したいと思います!
私がもっともおすすめしたいアプリは【Coin Stats】です!

時価総額確認アプリ
 
AppStoreはこちら→Coin Stats – Crypto Portfolio
Google playはこちら→Coin Stats – Crypto portfolio tracker
 

もっともおすすめなポイントは、仮想通貨のランキングサイト「コインマーケットキャップ(CoinMarketCap)」と連携しており時価総額がすぐに確認できる点です!
 

コインマーケットキャップ(CoinMarketCap)のアプリもありますが重いという声が多いのです・・・。

【Coin Stats】はサクサク動く為、ストレスなく確認することができます

刻々と変化する仮想通貨市場ではチャートを確認する機会はとても多いのでスピードは重要ですよね!
 

「お気に入り機能」に仮想通貨を登録しておくと値動きが確認できます。

  • 保有している通貨
  • 気になる通貨
  • あまり市場に出回っていない草コイン など

オリジナルの表示設定にできると検索する手間が省けて使いやすいです!
 
 
 

以上、今回は仮想通貨の時価総額ランキング!と時価総額をサッと確認できるアプリをご紹介しました。

2017年空前の仮想通貨バブルと呼ばれてから一転2018年初頭に暴落するなどやはりまだまだ安定してるとはとてもいえない市場です。

現時点では、仮想通貨の金融商品としての市場規模は、株式市場などに比べるとまだまだ小さく未成熟な市場であり、去年「仮想通貨元年」と言われたように様々な法律や規制など法整備も始まったばかり。

リスクの高い投資だということは肝に銘じておかなければなりません。

仮想通貨は株などと違い、24時間値動きし続ける仮想通貨は非常に値動きが激しいです。

実際に2017年末には仮想通貨の最も代表的なビットコインは1ビットコイン=220万円まで高騰しましたが、2018年に入り、一気に暴落しました。

コインチェック(日本国内取引所)からNEMが大量に流出した事や、2014年マウントゴックスの経営破綻から断続的に影響を及ぼしていた「セキュリティの問題」が影響していた事も背景にあると思います。

ニュースやSNSなどでは「仮想通貨市場は終わった」とも囁かれる事態になりましたね。
 

しかし2018年4月、下落の一途を辿っていたビットコインの相場でしたが12日に10万円近い高騰、それに伴いその他の仮想通貨を軒並み上昇しほぼ全面高の展開となりました。

この背景の一つには、イスラム圏内で今まで禁止とされてきた取引が許される可能性が出てきた事が挙げられます。

世界では今キャッシュレス化が進み、いち早くキャッシュレス社会を実現した北欧諸国や大きな人口抱える中国やインドなども急速にキャッシュレス社会を目指して舵を切っています。

そこに18億人とも言われるイスラム圏の人々が、仮想通貨の取引に参入する可能性があるとなれば、まだまだ仮想通貨の未来は明るいと言っても過言ではないのではないでしょうか?

しかし仮想通貨のリスクの多くは投資の方法により回避または軽減することが可能です。

今後更に成長し、拡大していけば金融取引の主流になる可能性も秘めています。

多角的に情報を取り込み、自分がどれだけのリスクを背負えるのか考えながら上手に付き合っていきたいですね。
 

国内取引所のおすすめランキングはこちら。
      ↓ ↓ ↓


 
 
ネットでの検索数を元にした”人気の仮想通貨ランキング”もご覧ください(^^)
    ↓    ↓    ↓



今おすすめの仮想通貨取引所はこちらです!

→ Bitbank公式サイト(https://bitbank.cc)

シンプルで軽量、高い機能性を備えたスマートなビットコイン・アルトコイン取引所です。スマホアプリ・PCの両方から快適に「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ライトコイン」「モナコイン」「ビットコインキャッシュ」の6つの仮想通貨をトレードすることができます。

今なら「全ペア取引手数料無料キャンペーン」開催中!※2018年9月末まで

bitbankキャンペーン

特にリップルを日本円・手数料ゼロで購入できるのはbitbankだけ。リップルの取引量は世界一で、仮想通貨トレーダーの方が気にする"流動性"も非常に高いです。

仮想通貨の購入・取引ならbitbankがおすすめです。


最後までお読み頂いてありがとうございました。