NEM(ネム)がいよいよBinanceでも上場しましたね!
 
2018年1月26日にコインチェックがハッキングを受け、5億2千万XEMが盗まれた事件は衝撃でした。
NEM(ネム)自身には問題はないものの、コインチェックがNEMの取引を終了してしまいました。
 
NEMは2018年中にカタパルトを実装するとみられていて、注目が集まっている仮想通貨です!
カタパルトとは大型アップデートのようなもの。
今までの機能をより高度なものにしたり、機能を拡充するもので期待されているようですね。
 
今回は、NEM(ネム)の購入できるおすすめ取引所について紹介します。
気になる手数料や価格について比較してみました!
買い方の流れも詳しくまとめました。
 
仮想通貨NEM XEMの特徴


スポンサーリンク


おすすめの取引所を2つを比較してみた

NEMが上場している取引所はいくつかありますが、おすすめはBinanceとZaifです。
BinanceとZaifのどちらでNEMを購入しようか迷いませんか?
どちらがいいのか「取引手数料」と「NEMの価格」について比較してみました。

取引手数料

まずは手数料を比較してみましょう
 
 
Binanceは、取引にかかる手数料は0.1%
ただしバイナンスコイン(BNB)を手数料として使うと半額(つまり0.05%)です。
 
またバイナンスコインとのペア通貨での取引では手数料が無料になるのでさらにお得ですね。
 
 
Zaifは「Maker手数料」と「Taker手数料」という形態を取っています。

Maker手数料とは、注文板に指定した数量・金額の注文を入れる時の手数料。
Taker手数料とは、注文板に出した注文が実行される時の手数料。

 
Maker手数料が0%でTaker手数料が0.1%です。つまり取引手数料は全部で0.1%ということです。
 
 
手数料を考えるとバイナンスコイン(BNB)で購入した方がお得ですね。

NEMの価格

市場価格に対して取引所ごとの価格はどうなっているのでしょうか?
 
 
こちらは仮想通貨の時価総額やリアルタイムの価格を調べることができるサイト「CoinMarketCap」(https://coinmarketcap.com)で調べたNEMの市場全体の平均価格です。
 
NEMの価格
 
※2018年3月26日時点の価格です。
 
市場全体の平均価格だけでなく、取引所ごと・通貨ペアごとに価格に差があるのでチェックしておくといいと思います。
 
こちら↓の表では取引所ごとNEMの価格や取引量などがわかります。
 
NEMの取引所ランキング
 
 
ボリューム(24時間)は24時間でどのくらい取引されたかを示していますが、
 
1位はZaifでNEMと日本円の売買ですね。
3位はBinanceのNEMとBTCとの売買になっています。
 
取引量はZaif(NEM/JPY)の方が多いですが、「価格」についてはBinance(NEM/BTC)の方が安い状態です。
 
 
同じBinanceでも↓のようにNEM/BNBの方が価格が安いですね。
 
ネムの取引所ランキング
 
 
同じZaifでも↓のようにNEM/BTCの方が価格が安いですね。
ZaifでのNEMのペア通貨
 
 
市場価格に対する取引所ごとの価格は決まっているものではありませんが、「CoinMarketCap」をチェックしているとBinanceよりもZaifの方が高いという傾向にあるようですね
 
「取引所ごとの価格」「ペア通貨ごとの価格」が違うことを知っておくと無駄なく取引できるのではないでしょうか??

ZaifとBinanceのどちらがいいのか?

これは人それぞれなのかなと思います。
BinanceかZaifか迷ったら当てはまるものが多い方を選ぶといいかもしれません(^^)
 
 

Binance

  • 海外取引所を使ってもいい(使い慣れている)。
  • バイナンスコイン(BNB)を持っているので手数料を安く売買したい。
  • できるだけ安く買いたい。

 
 
Binanceへの登録方法はこちらの記事に詳しくまとめています。

 
 

Zaif

  • 国内取引所を使いたい。
  • 日本円でNEMを購入したい。
  • 国内取引所で買ったビットコインやイーサリアムを(Binanceなど)海外取引所に送金する手間を省きたい

 
 
Zaifの登録方法についてはこちらの記事に詳しくまとめています。

 
 

国内取引所の方が安心感を持つかもしれませんが、国内外に問わず、資産を取引所に置きっぱなしは危険ですよ!
 
私はウォレットに移して保管するようにしています。
仮想通貨の保管方法についてはこちらの記事にまとめています。

 

BinanceとZaifの買い方についてそれぞれまとめてみました。

おすすめ1:海外取引所Binance

仮想通貨取引所Binance

BinanceではNEMと3種類の仮想通貨との売買ができます。
BTC・ETH・BNB

 
今回は、BTCを例に紹介したいと思います。
ちなみにバイナンスコイン(BNB)購入方法はこちらの記事で紹介しています。

 

1.Binanceへログイン
Bainanceへはこちらからアクセスできます。
▶︎ https://www.binance.com/
 
 
2.「Exchange」>「Basic」をクリック
 
binanceで売買をする
 
 
3.「XEM」を検索
 
xemを検索

 
① 画面右端の「★Favorites」の下の虫眼鏡の所に「XEM」と入力
※「NEM」と入力しても出てきません。
② BTCで購入する場合はBTCをクリック。
③ 「XEM/BTC」をクリック。
 
 
4.買い注文を出す
 
xemをbinanceで購入
 
① Limitに数量・金額を指定
② 「Buy XEM」をクリック
 
画面左側の売買板の中央にある価格を参考にすると取引成立しやすいです。
 
 
5.取引成立したらMy 24h Order Historyに表示されます

おすすめ2:国内取引所Zaif

モナーコインが購入できる取引所zaif

ZaifではNEMと日本円・BTCで売買することができます。

 
今回は日本円での購入方法について紹介します。
 
 
1.Zaifへログイン
Zaifへはこちらからアクセスできます。
▶︎ https://zaif.jp
 
 
2.NEM/JPYを選択
 
zaifでNEMを購入する
 

画面右上のタブで「NEM/JPY」を選択します。
 
 
3.買い注文を出す
 
zaifでnemの買い方
 

① 画面右上の「xemを買う」で価格・数量を指定します。
② 「買い注文」をクリック
「使用残高」のタブは残高のうちの10%・30%・50%・100%から選んで数量を決定できます。
 
 

指値とは、値段を指定して注文すること。
成行とはその時の価格で取引が成立させること。

 
 

4.取引が成立すると右下の「注文と履歴」で確認することができます
zaifの注文履歴
 
 
 
以上、NEMのを購入におすすめの取引所の手数料やNEMの価格などを比較してみました。
 
Binanceで買う場合は手間がかかりますが、バイナンスコイン(BNB)を持っていれば「手数料はややお得かな」と思います。
手っ取り早く買いたい人はZaifがいいですね。
何かと話題のNEMの購入方法が参考になれば嬉しいです。



今おすすめの仮想通貨取引所はこちらです!

→ Bitbank公式サイト(https://bitbank.cc)

シンプルで軽量、高い機能性を備えたスマートなビットコイン・アルトコイン取引所です。スマホアプリ・PCの両方から快適に「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ライトコイン」「モナコイン」「ビットコインキャッシュ」の6つの仮想通貨をトレードすることができます。

今なら「全ペア取引手数料無料キャンペーン」開催中!※2018年9月末まで

bitbankキャンペーン

特にリップルを日本円・手数料ゼロで購入できるのはbitbankだけ。リップルの取引量は世界一で、仮想通貨トレーダーの方が気にする"流動性"も非常に高いです。

仮想通貨の購入・取引ならbitbankがおすすめです。


最後までお読み頂いてありがとうございました。