マイナス手数料で取引ができ、主要な仮想通貨取引だけでなくトークンや積立などのサービスも扱っていることで評判のZaif(ザイフ)。

今回はZaif(ザイフ)の登録方法について詳しく解説します。

zaifの口座開設に必須の「2段階認証の設定」や「必要な書類」や「ハガキが届くまでどのくらい時間がかかるか」などもまとめましたので紹介します。

ザイフ のロゴ
 
Zaif以外の国内取引所についてはこちらの記事にまとめてありますのでご参考に。

 


スポンサーリンク


Zaif(ザイフ)登録方法の手順を解説!

ザイフに口座開設するまでの大まかの流れは以下の通りです。

  • メールアドレスでアカウント登録
  • 本人確認情報登録・書類提出
  • 2段階認証設定
  • ハガキに記載されている認証コードを入力

 
 
詳しくご説明していきます!

1.まずはザイフのトップページへアクセス
 
ザイフのトップページはこちらからアクセスできます。
 
▶︎ https://zaif.jp
 
 
2.メールアドレスを入力して「新規登録」をクリック
 
ザイフに新規登録
 
↓こちらの画面に変わります。

ザイフからメールを受信
 
 
2.ザイフから届いたメールを開き、青字のURLをクリック
 
ザイフからのメール内容
 
受信ボックスに入っていない場合は迷惑メールフォルダも確認してみてくださいね。
 
 
3.ページ上部青字の利用規約・重要事項説明をクリック
 
ザイフの利用規約、重要事項説明に同意
 
利用規約・重要事項説明を読みそれぞれのページの一番下の「前のページに戻る」をクリックすると↑の画像のページに戻ります。

チェックボックスにチェックを入れて次に進みます。
 
 
4.パスワードを入力し、「同意して登録」をクリック
 
パスワードは以下を組み合わせて作成します。

  • 大文字・小文字のアルファベット
  • 数字
  • #と$

 
セキュリティレベルが51%以上になるとパスワードとして認証できます。
 
強度が強いパスワード
 
アルファベットだけでは長いパスワードにしないと51%を超えません。
 
強度が弱いパスワード
 
数字や記号も組み合わせると8文字くらいのパスワードでも認証されますが、仮想通貨のビジネスをされている方に聞いたところ、12桁以上のパスワードが望ましいそうです。
 
6桁くらいのパスワードでは1.2分で破られてしまうこともあるそうですよ。
 
パスワードが登録されると↓の画面になります。

ザイフのアカウント登録後
 
 
5.本人確認情報の登録
 
ザイフに口座開設するためには本人確認が必要です。
「電話番号登録」「本人確認書類の提出」「ハガキに記載の本人確認コードの入力」の順に行います。
 
ザイフに基本情報を登録する画面
 
以下の必要事項を入力し、「登録」をクリック。
 
ザイフに住所など登録
 
ザイフに基本情報を登録
 
 
6.本人確認書類の提出
 
本人確認書類提出方法1
 
本人確認に必要な書類は以下のから選ぶことができます。

<以下の書類1点>

  • 運転免許証
  • 在留カード
  • マイナンバーカード
  • 日本国パスポート・ビザ

<以下の書類2点>

  • 官公庁発行の公的証明書(各種健康保険証や住民票など)1点と公共料金の明細書(電気・ガス・水道料金の明細書・納税証明書)1点
  • 官公庁発行の公的証明書(各種健康保険証や住民票など)2点

 
ザイフに本人確認書類を提出
 
本人確認の申請
 
本人確認書類の申請完了画面
 
 
これでアカウント登録と身分証明書の提出が完了です。

本人確認書類が承認されると、通常3営業日でハガキが郵送されます。
ハガキに記載の「本人確認コード」を入力すると口座開設が完了です。

携帯電話認証と2段階認証も登録しておきましょう。
 
 
7.携帯電話認証
 
マイページトップ>基本情報>携帯電話認証画面へ。
携帯電話認証はお手持ちの携帯電話番号とザイフのアカウントを紐付けします。
 
携帯電話番号をハイフンなしで入力、送信をクリック。
 
ザイフで携帯電話認証コードを発行
 
携帯のSMSに送られたコードを登録します。
 
ザイフから認証コードを送信
 
ザイフへ認証コードを登録
 
認証コード送信完了
 
(「本人画像のアップロードはこちら」とありますが、アップロードは済んでいるので気にしなくてOKです。)
 
 

9.2段階認証の設定

マイページトップ>セキュリティ>2段階認証設定画面へ。

2段階認証とは、ザイフのアカウントへログイン時にメールアドレスとパスワードの他にスマホアプリに表示される「トークン」の入力を行い不正アクセスを防ぐ方法です。
 
スマホに以下のアプリの中から一つダウンロード

Androidの方

  • Google Authenticater
  • IIJ SmartKey
  • Authy

iPhoneの方

  • Google認証システム
  • IIJ SmartKey
  • Authy 2-Factor Authentication
  • (Wear対応)Auth2-2段階認証アプリ

 

アプリを起動したら画面に表示されたQRコード読み込みます
 
ザイフ2段階認証のQRコード
 
アプリによってはテキストをクリックすると表示される「コード」を入力する必要があります
 
ザイフで2段階認証を設定する
 
「トークン」を↓の画面に入力
 
ザイフの2段階認証のトークン入力画面
トークンは30秒毎に切り替わりますが、慌てず入力しましょう。
次回ログインからメールアドレスとパスワードとともにトークンの入力が必要になります。
(ログイン画面や2段階認証設定画面で解除も可能です。)
 
 
8.ハガキが登録住所に届いたら「本人確認コード」を入力。
 
ログイン>アカウント>郵送による本人確認画面へ。
 
ハガキに記載の6桁の数字を入力。
 
ザイフ本人確認コード
 
これでzaifで仮想通貨の取引が可能になります。
 
 
 
以上、ザイフの登録方法について解説しました。

私が登録した時はアカウント作成・本人確認情報登録・書類提出を行ってからハガキが手元に届くまで1週間かかりました。
他の国内取引所得と比べてもハガキが届くまでの時間は平均的だと思います。

ザイフの登録の流れは他の国内取引所と大体同じですが、本人確認書類として使えるものが多いことが他の国内取引所と違うところですね。

本人確認に必要な書類は以下のから選ぶことができます。

<以下の書類1点>

  • 運転免許証
  • 在留カード
  • マイナンバーカード
  • 日本国パスポート・ビザ

<以下の書類2点>

  • 官公庁発行の公的証明書(各種健康保険証や住民票など)1点と公共料金の明細書(電気・ガス・水道料金の明細書・納税証明書)1点
  • 官公庁発行の公的証明書(各種健康保険証や住民票など)2点

 

本人確認書類が用意できずに他の国内取引所に登録できないという場合にザイフは登録しやすいのではないかと思いました。

 
Zaif以外の国内取引所についてはこちらの記事にまとめてあります。



今おすすめの仮想通貨取引所はこちらです!

→ Bitbank公式サイト(https://bitbank.cc)

シンプルで軽量、高い機能性を備えたスマートなビットコイン・アルトコイン取引所です。スマホアプリ・PCの両方から快適に「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ライトコイン」「モナコイン」「ビットコインキャッシュ」の6つの仮想通貨をトレードすることができます。

今なら「全ペア取引手数料無料キャンペーン」開催中!※2018年9月末まで

bitbankキャンペーン

特にリップルを日本円・手数料ゼロで購入できるのはbitbankだけ。リップルの取引量は世界一で、仮想通貨トレーダーの方が気にする"流動性"も非常に高いです。

仮想通貨の購入・取引ならbitbankがおすすめです。


最後までお読み頂いてありがとうございました。