こんにちは!羽貫です\( ˆoˆ )/

中国のイーサリアムと言われる「NEO(ネオ)」ですがNEOを利用したプロジェクトがどんどん増えています。

NEOとはどんなプロジェクトなのか、将来性について調べてみました。

気になる2018年の価格予想もご覧ください!
 
仮想通貨NEOのロゴ

NEOを保管するNEONwalletの作り方についてはこちらの記事で紹介しています。

 


スポンサーリンク


仮想通貨NEO(ネオ)の将来性は?

NEOとはどんなプロジェクトなのか・将来性などについてご紹介します。
中国のイーサリアムと言われるようにイーサリアムと共通する部分がありますよ。

NEO(ネオ)とは?

Antshares(アントシェアーズ)という名前のプロジェクトでしたが、2017年6月にリブランディングが行われ、NEO(ネオ)に名称を変更しています。

「ネオ」と読むと思っていましたが正式には「ニオ」と呼ぶそうですよ。

NEOとは、アプリケーション(dApps)を開発することができるプラットホームです。

NEOのプラットホーム上でアプリケーションの開発やトークンを発行することができます。
どんな機能のアプリケーションが開発できるのか以下にまとめました。

  • スマートコントラクト
  • ソーシャルネットワーキング
  • データ交換市場
  • 未来予測市場
  • 知的財産取引市場
  • 広告市場
  • 分散型取引所(DEX)
  • 自動トークンプロバイダー

 

イーサリアムに実装された「スマートコントラクト」やオーガーに実装された「未来予測市場」など、メジャーなアルトコインが実装している機能を持っているんですね。

NEOのコンセプトはNEO内で生活が完結する経済圏

誰もがブロックチェーン上のアプリケーションを使って経済活動(平たく言えば買い物・取引・契約など)が簡単に行えることを目指しているようです。

2018年3月時点ではNEOプラットホーム上で開発されたアプリケーションが40近く存在します。

NEOアプリケーション
 
 
特徴について簡単にまとめてみました。

1.プログラミング言語が豊富

イーサリアムではSolidity、Serpentという少々難しいプログラミング言語を用いています。
 
NEOでは「JavaScript、Python、.NET、C、C#、C++」という難易度の低いプログラミング言語を用いています。
私はプログラミング言語について全く知識がないのですが「JavaScript」は耳にしたことがあります。
 
システムエンジニアのうち90%がNEOの開発が行えるそうで参入する敷居が低いと言われています。
 
 
2.処理速度が速い

NEOでは1秒間に1,000件の取引が可能です。
イーサリアムと大きく違うところですね。

1秒間にどのくらい処理できるのか比較してみました。

  • ビットコイン:約7件/秒
  • イーサリアム:約15件/秒
  • リップル:約1,000件/秒
  • VISAカード:4000~6000件

仮想通貨の中ではトップクラスの処理スピードですね。
 
 
NEOの概要について以下にまとめます。

通貨単位:NEO
公開日:2016年10月26日
発行上限枚数:1億枚
アルゴリズム:DBFT
公式サイト:https://neo.org
ホワイトペーパー:http://docs.neo.org/ja-jp/

 

NEOで独自に採用されているDBFTは「Delegated Byzantine Fault Tolerant」の略。
直訳すると「ビザンチン耐障害性コンセンサスメカニズム」となります。

ビザンティン障害はビザンチン将軍問題とも言われますが、複数のコンピューターで不正を行うと正確性が失われてしまうということです。

ビザンチン将軍問題についてはこちらの記事に詳しくご紹介しています。

 

DBFTにおけるブロックの承認の流れを見てみましょう。

NEO保有者の中からブックキーパー「台帳係」を投票で選出

ブックキーパーの中からランダムに代表者を決定

代表者がブロックを生成

ブックキーパーのうち66%以上が「代表者が承認したブロックが正しい」と

ブロックの承認
(承認されなければ再度ブックキーパーを選出)

 

つまりDBFTとは、代表者が生成したブロックが正しいかどうか選ばれたブックキーパーが投票し監視する仕組みです。
ブックキーパーには報酬としてNeoGasが与えられます。

NeoGasはマイニング報酬の他にネットワーク上でNEOを使用する場合にも使われます。
まさにイーサリアムのGASと同じような役割を持っているということですね。

NeoGasについて・・・
最大発行量:1億GAS
発行22年の歳月をかけて最大発行量に達するとされています。
BinanceではNeoGasトークンの売買することができます。

 
 

2018年の価格予想してみた!取引所や買い方も

気になるNEOの価格は今後どうなっていくのでしょうか?

購入できる取引所についてもご紹介します!

2018年の価格はどうなる?

NEOのチャートはこちらです。
横軸は2017年末から2018年3月までのチャートです。
 
NEO2018年チャート
 
2018年になってからNEOの価格はゆっくり上昇していますね。

今現在のNEOの値段はこちらです。(リアルタイムで変化していますので、また明日見た時には数値は変わっています)
 

 
 
プレセールが即完売になる注目のプロジェクト「Wowoo」もNEOブロックチェーンを採用し、価格上昇の好材料となっていると思います。

NEOを購入して今後価格が上がる!と予想している方もいますね。
 
NEOの値段予想

NEOの価格上昇の要員としては、プロジェクトへの期待感の他に「エアドロップ」も考えられます。

エアドロップとは無料でトークンを配布するイベントのようなもので、話題集めや金利配当などの目的で行われます。

NEOを「NEON Wallet」で保有していると毎日NeoGasが配布されます。

3月1日にはONT(オント)というトークンのエアドロップが行われました。
1NEOにつき0.2ONTを配布されたようですね。
 
話題集めなどの目的でエアドロップするトークンは今後も出てくると思うので、NEOを購入してエアドロップの恩恵を受けようという人も出てくるでしょう!
 

NEO(ネオ)が上場している取引所は?

NEOが上場している取引所は以下の通りです。
 
NEO上場中の取引所

BinanceはUSDT・BTC・ETH・BNBとのペア通貨で取引が可能です。
NeoGasも売買することができるのでNEOを保有したい場合はBinanceで購入するのがオススメですよ。

Binanceの登録方法はこちらの記事をご覧ください。

 

海外取引所の中でセキュリティが強固と評判のHuobiもオススメです。
Huobiの登録についてはこちらの記事をご覧ください。
 

 
 
 

以上、仮想通貨NEO(ネオ)の将来性はや2018年の価格予想・取引所などについてご紹介しました。

イーサリアムのようにアプリケーションのプラットホームとして発展しています。

アルトコインのいいとこ取りをしているNEOに期待したいと思います!

NEOを保管するNEONwalletの作り方についてはこちらの記事で紹介しています。



最後までお読み頂いてありがとうございました。

まだ仮想通貨の取引所に登録していない場合は、 まずはセキュリティの高いビットフライヤーがおすすめです。


▶ ビットフライヤーの公式ページはこちら


※取引するまでには本人確認等が必要ですので、すぐに購入できる準備をするためにもすぐに登録だけはしておきましょう。