ビットコインからハードフォークした仮想通貨がいくつか登場していますね。

ビットコインゴールドやビットコインプラチナなど「ビットコイン○○」と同じような名前で混同してしまいそうです。

似ているからこそ競争が生まれるので違いをしっかり理解しておきたいですね。

今回はビットコインゴールドについて取引所や将来性、価格の予想などまとめてみました。

ビットコインゴールドのロゴ


スポンサーリンク


ビットコインゴールドを取り扱う取引所は?

ビットコインゴールドを取り扱っている取引所についてご紹介していきます。

国内取引所について

2018年1月現在、ビットコインゴールドを取り扱う国内取引所はありません。

しかし、条件が揃えば今後ビットコインゴールドの取引を行うという取引所もあります。

以下の国内主要取引所の対応をまとめてみました。
それぞれのホームページで確認した情報です。

  • ビットフライヤー
  • コインチェック
  • Zaif
  • ビットバンク
  • BTCBOX
  • QUOINEX

<ビットフライヤー>

ビットコインゴールドの分岐が問題なく行われ、資産保護の観点においても問題ないという条件で以下の対応が行われます。

  • BTGの分岐前に保有しているビットコインと同量のBTGを付与
  • 付与するとともに取り扱いサービスの提供も開始する

<コインチェック>

コインチェックはビットコインゴールドの安全性や安定性が確認した後にビットコインゴールドの付与を行うと発表しています。

また、以下の条件になると、付与を行わないとしています

  • リプレイアタックへの対応が不十分
  • マイナーが集まらずブロックの生産が不安定
  • 脆弱性が見つかった場合、または脆弱性への対応が不十分
  • その他コインチェックでの付与・取扱が不適切と判断した場合

なお、入出金などの取引については未定としています。
 

<Zaif>

ビットコインゴールドの付与・取扱は行わないと発表しています。

ただし、リプレイアタックへの対応やブロックの生産が安定的に行われれば付与・取扱を検討するそうです。

付与を行う場合はハードフォーク前後のビットコイン保有数により付与する量が決定されるそうです。

<ビットバンク>

ビットコインゴールドに対して以下のような問題がなければ付与・取扱を検討するそうです。

  • リプレイアタックへの対策
  • プロトコルの脆弱性
  • 反社会的勢力との関わり
  • ビットバンクの判断

付与を行う場合はハードフォーク時点のビットコイン保有数により付与する量が決定されるそうです。

<BTCBOX>

BITBOXがビットコインゴールドに問題がないと判断した場合に保有しているビットコインと同量のビットコインゴールドを付与するそうです。

取引を行うことを決定した際には速やかに告知するとしています。

<QUOINEX>
リプレイアタックへの対応が不十分と判断しており、ビットコインゴールドの付与や取扱は行わないとしています。

海外取引所

海外の取引所の中からビットコインゴールドを扱っているところを紹介します。

下の画像はcoinmarcketcapという仮想通貨の時価総額や取引量のランキングサイトの画像です。

ビットコインゴールドの取引量が多い順に並んでいます。

ビットコインゴールドを扱う海外取引所

1位から5位の取引所の特徴を簡単にご紹介しますね。

1位のBithumは韓国最大の取引所。日本人の登録者も多いようです。
2位のBittrexはアメリカの取引所です。新規登録が停止したり、出金停止の時期もあり、不安定なようです。
3位のBitfinexは香港の取引所で、200種類以上の仮想通貨を扱う香港の取引所ですが、何度かハッキングの被害に遭ってしまったことがあるそうです。
4位のBinanceは中国の取引所ですが、日本語に対応しています。扱う仮想通貨は100種類以上。
5位のHitBTCはICO直後の仮想通貨も積極的に扱うイギリスの取引所です。

 

仮想通貨

国内の取引所の対応を見てみると、以下の条件が揃うことが付与や取引が行われるようです。

  • ビットコインゴールドのリプレイアタックへの対応
  • ブロックが安定的に生産されるなどの取引や保有が安全に行われる

各取引所でビットコインゴールドの動向については様子見という状況のようですね。

ビットコインゴールドの将来性や価格を予想

ビットコインゴールドのハードフォーク後、初値は62,000円程でした。

↓こちらはビットコインゴールドの公開後から2018年1月現在までのチャートです。

ビットコインゴールドのチャート

ビットコインゴールドの将来性や価格について予想してみたいと思います。

ビットコインゴールドを取り扱う取引所はまだ少数です。

今後ビットコインゴールドを取り扱う取引所が増えていくと価格も上昇していくでしょう。

ビットフライヤーなどの取引所がビットコインゴールドを扱う為には以下の条件を満たすことが必要だと思います。

  • ビットコインゴールドのリプレイアタックへの対応
  • ブロックが安定的に生産されるなどの取引や保有が安全に行われる
リプレイアタックとは、ハードフォーク直後に同じ暗号を持つ片方の送金記録からもう片方の暗号が特定され、勝手に送金されてしまうということ。

 
リプレイアタックの危険性

リプレイアタックへの対応についてはビットコインゴールドの送金が問題なく行われ、不正な送金が行われないという事実から確認するようです。

また、ブロックが安定的に生産されるためには多くのマイナーが必要です。

ビットコインのマイニングは、より多く、より高性能のマイニングマシーンを持っているマイニング企業が有利になっています。

到底、個人のマイナーの参入は厳しいですよね。

ビットコインゴールドではマイニングの難易度を下げてPCでもマイニングを行えるようにしました。

ビットコインのようにマイニングの報酬が一部のマイナーに偏らないようにしたんですね。

個人でもマイニングに参加することができるので、多くのマイナーが集まれば、ブロックの生産も安定的に行われます。

しかし、ビットコインゴールドは開発者がプレマイニングを行なっていて、20万BTGも報酬を手に入れています。

「金儲けのために開発したのではないか?」という見方もされています。

その為、ビットコインゴールドの将来性についてはビットコインから分岐したビットコインキャッシュほどの価値は期待できないかもしれません。
 
 

以上、ビットコインゴールドの取り合い取引所や価格・将来性についてまとめました。

ビットコインゴールドを扱っている取引所は少数ですが、今後取引所が増えるにつれて価格の上昇が見込めそうですね。
取引所で扱われるためには以下の2つの条件が必要です。

  • リプレイアタック対策が行われている事
  • ブロックが安定的に生産されている事

将来性についてですが、開発者側がビットコインゴールドをプレマイニングして報酬を得ていることがマイナス要素として捕らえられています。

ビットコインゴールドの将来性を左右するもの動向を注視していきたいと思います。



今おすすめの仮想通貨取引所はこちらです!

→ Bitbank公式サイト(https://bitbank.cc)

シンプルで軽量、高い機能性を備えたスマートなビットコイン・アルトコイン取引所です。スマホアプリ・PCの両方から快適に「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ライトコイン」「モナコイン」「ビットコインキャッシュ」の6つの仮想通貨をトレードすることができます。

今なら「全ペア取引手数料無料キャンペーン」開催中!※2018年9月末まで

bitbankキャンペーン

特にリップルを日本円・手数料ゼロで購入できるのはbitbankだけ。リップルの取引量は世界一で、仮想通貨トレーダーの方が気にする"流動性"も非常に高いです。

仮想通貨の購入・取引ならbitbankがおすすめです。
>> Bitbank公式サイト(https://bitbank.cc) <<


最後までお読み頂いてありがとうございました。