仮想通貨にはいくつかの種類がありますが、三菱東京UFJが発行しているMUFGコインもその一つです。

今回はこのMUFG三菱東京UFJのMUFGコインとは何か、それからメリットや仕組みについて紹介します。

MUFGコインとは?

まず最初にMUFGコインについて説明したいと思います。

MUFGコインとは上にも書いていますが、三菱東京UFJが発行している仮想通貨です。

三菱東京UFJの仮想通貨MUFGコインとは

国内大手の三菱東京UFJ銀行が手がける仮想通貨ということで、今最も注目されている日本初の仮想通貨です。

一般の人向けに今年(2017年)の秋に公開される予定となっています。

このMUFGコインはビットコインのように値上がりはしません。1円=1コインと固定です。

つまり、日本円を持っていることと同じということです。

MUFGコインを持ちたい人、使いたい人は、三菱東京UFJ銀行の自身の口座の中にある預金を円からコインに交換します。その交換したコインをスマホやパソコンなどのアプリで使用します。

発行と運営するのが三菱東京UFJ銀行ということで、信用度が高く、UFJユーザーも多いため普及しやすいのではと考えられています。

さらには1コイン=1円ですから比率が一定であるという特徴があります。他の暗号通貨のように、価値がなくなってしまうというリスクがありません。

MUFGコインのメリットは?

三菱東京UFJの仮想通貨MUFGコインのメリットデメリット

MUFGコインのメリットは、三菱東京UFJ銀行の既存のサービスよりも手数料が大幅に抑えることができるのと、この後説明する海外の現地銀行への送金にかかる時間の短縮にあります。

既存のサービスでは仕組みが色々と複雑なために、その分の手数料と時間がどうしてもかかってしまいます。

例えば、ある企業が海外の企業に送金する場合、送金できるまでに以下のようにお金が流れていきます。

国内銀行

海外のコルレス銀行(外国に送金する際にその通貨の中継地点となる銀行)

海外の現地銀行

 

このような流れのため手数料が増えて時間もかかってしまうのです。

ですがMUFGコインなら、コルレス銀行を介さずに海外の現地銀行に直接送金できるので、手数料を抑え、かかる時間も減らすことができます。

MUFGコインのデメリットとは?

MUFGコインのデメリットというのは2つあります。

まず1つ目ですが、世界共通の仮想通貨ではないということです。

世界共通の仮想通貨ではない、これの何がいけないのかと言いますと、MUFGコインが使える店舗と使えない店舗が出てくる可能性があるのです。

そのため店舗によってはMUFGコインを使うことができないというケースが起こってしまう場合が出てくることもあるでしょう。

2つ目は海外の現地銀行に送金するというのが、一般の消費者にはあまり関係がないということも挙げられます。

海外の現地銀行に直接お金を送金できて手数料も抑えることができるとはいえ、果たして国内でどれだけの人が海外に送金するでしょうか。

おそらく全体の人口から考えても決して多くはなく、そのため一般の消費者間ではあまり普及しないというのも考えられます。

MUFGコインまとめ

MUFGコインは2017年秋に公開されるということで、現時点(2017年1月)では未だ名前すら知らないという人も多いのではないでしょうか。

信頼性はピカイチの仮想通貨MUFGコインですが、一般のユーザーへのメリットはそれほど感じられないため普及への壁は高いようにも感じます。

今後、三菱東京UFJ銀行がどのようなPRをおこなっていくのか楽しみにしましょう。
 

以上、今回は

について紹介しました。



最後までお読み頂いてありがとうございました。

まだ仮想通貨の取引所に登録していない場合は、 まずはセキュリティの高いビットフライヤーがおすすめです。


▶ ビットフライヤーの公式ページはこちら


※取引するまでには本人確認等が必要ですので、すぐに購入できる準備をするためにもすぐに登録だけはしておきましょう。