コインチェックは1月24日のNEMハッキング事件以来、一部の取引以外を制限し営業を続けてきましたが、2018年4月16日に証券会社マネックスにより買収されたことで業務体制の再構築を進めています。

買収後2ヶ月、つまり2018年6月にはコインチェックが完全に業務を再開するようです。

「業務再開に合わせてコインチェックが新しい銘柄を上場させる」というニュースも発信されています。

Twitterなどではども銘柄が上場するのか予想がツイートされていて関心が集まっているようですね。

そこで今回は、コインチェックが完全に業務を再開後に新たに上場する銘柄について予想してみました!

仮想通貨の6月のスケジュールをチェック!
     ↓ ↓ ↓


スポンサーリンク


コインチェックが取引再開と共に新銘柄を追加?

コインチェックの評判と登録方法

業務体制の改善についてマネックスの松本社長によると、
「内部管理や不正アクセス防止の体制をさらに強化中。金融庁へ報告し、返答ももらっている」

ということで2018年6月中にも業務が再開するとみられています。

業務再開した後はオーストラリアや香港など海外へ進出も視野に入れているそうなので復活後の展開にも注目したいですね。

こちら↓の毎日新聞の松本社長へのインタビュー記事(2018年5月23日)によると、コインチェックが業務を完全に再開したら新たに上場させる予定があるそうです。
https://mainichi.jp/articles/20180524/k00/00m/020/105000c
(記事冒頭以外は有料会員のみ読めます。)
 

コインチェックが新たに上場する銘柄について予想しているツイートや個人的な予想をまとめました!

上場される新銘柄を予想!Twitterの反応は?

まずはTwitterでの予想をみてみましょう。

タイムラインなど見ているとMONA(モナコイン)が上場するという予想が多いですね!
まだ日本で上場していない通貨も新規上場するかもしれません。


 

MONA(モナーコイン)についてはこちら↓の記事にまとめています。

 

 

OMG(Omisego)は開発元のトップが日本人ですし、すでにタイのマクドナルドで支払い方法として導入されています。

NEOはスマートコントラクトを実装した多機能なプラットホームとして需要が高いと思いますし、開発も順調に進んでいそうなので上場したら面白くなりそうですよね。

上場される新銘柄を予想!個人的予想

ここから下は個人的な予想をしてみます。
 

コインチェックに上場する銘柄の条件になりそうな要素を考えてみました。

1.匿名性通貨や未来予測市場(ギャンブルっぽいもの)は無し
2.ホワイトリスト入りの銘柄の中から上場

 
 

それぞれ詳しく説明します。
 

1.匿名性通貨や未来予測市場(ギャンブルっぽいもの)は無し
以下の銘柄は2018年6月18日に上場廃止します。

  • DASH
  • Monero
  • Zcash
  • Augur

金融庁では「匿名通貨は上場NG」という方針を出していますし、ギャンブルを助長しかねない未来予測市場の銘柄も上場は難しいと思われます。

そのため、以下の銘柄は上場しないのではないかと思います。

  • Verge(匿名性通貨)
  • QuantaのUNTU・QNTR(宝くじ)
  • ADA(未来予測市場)


 
 

2.ホワイトリスト入りの銘柄の中から上場
4月26日、マネックスの個人投資家向けのオンライン決算説明会で「仮想通貨交換業登録を済ませ、サービス全面再開を目指す」という意向を発表しています。

コインチェックの海外進出も視野に入れているということで、まずは日本で「仮想通貨交換業の認可」が急ぎたいところだと思います。

現状では仮想通貨交換業に認可済みの取引所に上場している銘柄意外は上場させるのは難しい状況のようです。
 

コインチェックに上場する新銘柄は「ホワイトリスト入りしている仮想通貨ではないか?」と思いました。

ホワイトリストとは、金融庁に仮想通貨交換業に認められた国内取引所に上場している仮想通貨。

ホワイトリストの審査基準などについてはこちら↓の記事で詳しくまとめています。

 
ホワイトリスト入りしていて、コインチェックで扱っていない仮想通貨はこちら↓。

  • MONA(モナコイン)
  • XCP(カウンターパーティー)
  • ZAIF(ザイフ)
  • PEPECASH(ぺぺキャッシュ)
  • FSCC(フィスココイン)
  • BCY(ビットクリスタル)
  • SJCX(ストレージコインエックス)
  • Zen(ゼン)
  • NCXC(ネクスコイン)
  • CICC(カイカコイン)

※順不同

 
 
やはりTwitterでも話題になっているMONA(モナコイン)が可能性ありそうです。
海外展開していくことも考えると海外で人気の仮想通貨を上場させるかもしれませんね。
 

個人的には「XCP(カウンターパーティー)も上場しそうだな」と思います。
XCP(カウンターパーティー)の取引量の多い取引所をみてみるとBittrexやPoloniexをともにZaifがあります。

XCP取引市場

JPY/XCPの取引量もありますし、海外からのBTC/XCPの取引も期待できそうです。

 
 
 
以上、コインチェックに新たに上場する通貨について予想してみました!

Twitterで話題のMONA(モナコイン)が上場するのかどうかに注目したいですね!

個人的には「XCP(カウンターパーティー)やNEOが上場するかも?」と期待しながらコインチェックの復活を待ちたいと思います。
 

XCP(カウンターパーティー)についてはこちら!
     ↓ ↓ ↓


 

仮想通貨の6月のスケジュールをチェック!
     ↓ ↓ ↓



今おすすめの仮想通貨取引所はこちらです!

→ Bitbank公式サイト(https://bitbank.cc)

シンプルで軽量、高い機能性を備えたスマートなビットコイン・アルトコイン取引所です。スマホアプリ・PCの両方から快適に「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ライトコイン」「モナコイン」「ビットコインキャッシュ」の6つの仮想通貨をトレードすることができます。

今なら「全ペア取引手数料無料キャンペーン」開催中!※2018年9月末まで

bitbankキャンペーン

特にリップルを日本円・手数料ゼロで購入できるのはbitbankだけ。リップルの取引量は世界一で、仮想通貨トレーダーの方が気にする"流動性"も非常に高いです。

仮想通貨の購入・取引ならbitbankがおすすめです。


最後までお読み頂いてありがとうございました。