仮想通貨の融資やLINEでのサポートを採用している点が評判のBTCBOX。

ビットコインの取引手数料が無料というのも特徴の一つですね。

ビットコインの他にはビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコインを取り扱っています。

今回はBTCBOXの口座開設や本人確認書類の登録方法についてご説明します。
 
BtcBoxのロゴ
 
BTCBOX以外の国内取引所についてはこちらの記事をご覧ください。

 


スポンサーリンク


BtcBoxの口座開設や本人確認書類の登録方法

 

BTCBOXの口座開設の大まかな流れは以下の通りです。

  • アカウント登録
  • 銀行口座登録
  • 本人確認書類の提出
  • ハガキに記載のワンタイムパスワードの入力

では詳しく解説していきます!
 
 
1.BTCBOXにアクセス
BTCBOXにはこちらからログインできますよ。

▶︎ https://www.btcbox.co.jp
 
画面右上の「新規登録」をクリック。
 
btcboxに新規登録-2
 
 
2.メールアドレスとパスワードを登録
メールアドレスとパスワードを入力し、変形文字を入力します。
 
Btcboxにメールアドレスとパスワードを登録
 
パスワードはアルファベットの大文字・小文字・数字を組み合わせて6桁以上で設定します。

6桁程度では1,2分もあれば簡単に破られてしまうそうなので12桁以上で設定することをお勧めします。

 
利用規約を一読したらチェックを入れて「上記の規約を同意して次へ」をクリックします。
 
↓こちらの画面に変わります。
BTCBOXにメールアドレス登録完了
 
 
3.メールを開き、青字のリンクをクリック

BTCBOXからの本登録用のメール
 
 
リンクをクリックすると↓のポップアップが表示されるので「閉じる」をクリック。
 
BTCBOXメールでの認証完了画面
 
 
4.携帯電話番号認証
携帯電話番号認証の画面に変わります。
携帯電話番号を入力し、「コード取得」をクリック。
SMSに送られた認証コードを入力し「次へ」をクリック。
 
BTCBOXの携帯電話認証
 
 
5.基本情報を入力
以下の情報を入力していきます。

  • 氏名
  • 性別
  • 外国PEPsの確認・・・海外の要人やその家族でなければ「いいえ」を選択
  • 生年月日を選択


 
BTCBOXに基本情報入力
 
 

  • 住所・・・都道府県以下は自動入力されます。


 
BTCBOXに住所入力
 
 
6.銀行口座情報を入力

銀行名、口座番号等を入力します。
 
BTCBOXの口座番号入力画面
 
日本円の入金手数料は自己負担ですが、住信SBIネット銀行からの振込は手数料無料です。
 
 
7.職業を選択
以下の情報をプルダウンから選択します。

  • 職業
  • 年収
  • 取引目的

利用規約を一読しクリック。

BTCBOXに職業などを入力する-2
 
 
以上で基本情報入力が終了です。
 
 
8.本人確認書類のアップロード

本人確認書類は以下から選ぶことができます。

  • 運転免許証または運転履歴証明書
  • 在留カードまたは外国人登録登録証明書
  • 印鑑登録証明書
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 住民票

 
今回は運転免許証でご説明します。
アップロード」をクリックし運転免許証の表面と裏面を選択し「次へ」をクリック。
 
BTCBOXの本人確認書類アップロード画面
 
 
アップロードができると以下のメールが届きます。
 
BTCBOX登録後画面
 
 
これで登録作業は完了です。
BTCBOXからのハガキが届くまで待ちましょう。
私が登録した時は、本人確認書類をアップしてから7日かかりました。
 
 
9.ハガキが届いたらワンタイムパスワードを入力
 
ログイン>セキュリティ>本人確認の画面から登録します。
 
btcboxワンタイムパスワード入力-2
 
↓の画像は実際に届いたハガキです。

BTCボックスのワンタイムパスワード-2
 
ハガキに記載してあるワンタイムパスワードを入力。
OK」をクリックしたら登録完了です。
 
btcboxのワンタイムパスワード登録-2

 
 

取引パスワードとは?ワンタイムパスワードとは違う?

ワンタイムパスワードの入力ができたら口座開設は完了ですね。
ワンタイムパスワードの入力が終わると「取引パスワード」の設定に移行します。
 
取引パスワードとは、日本円や仮想通貨の入出金を行う時に必要な任意のパスワードです。
 
btcboxの取引パスワードを設定
 

ログインパスワードとは違うものにしましょう。
(設定時にログインパスワードを入力しても設定することはできませんでした。)

 
 
 
以上、BTCBOXの口座開設や本人確認書類の登録方法についてまとめました。

他の国内取引所の登録と違うところは、アカウントを作成して住所などの基本情報を入力するときに「銀行口座番号」と「職業・年収」の登録を行うところですね。

登録時は通帳やキャッシュカードなど口座番号がわかるものと本人確認書類を準備しておきましょう!

住信SBIネット銀行なら振込手数料が無料ですよ。

「ログインパスワード」に加え「取引パスワード」の設定が必要なので、パスワードの保管には注意しましょう。

私が登録した時は、本人確認書類をアップしてからハガキが届くまで7日かかりました。
他の取引所と比べても平均的な日数だと思いました。
 

BTCBOX以外の国内取引所についてはこちらの記事をご覧ください。



今おすすめの仮想通貨取引所はこちらです!

→ Bitbank公式サイト(https://bitbank.cc)

シンプルで軽量、高い機能性を備えたスマートなビットコイン・アルトコイン取引所です。スマホアプリ・PCの両方から快適に「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ライトコイン」「モナコイン」「ビットコインキャッシュ」の6つの仮想通貨をトレードすることができます。

今なら「全ペア取引手数料無料キャンペーン」開催中!※2018年9月末まで

bitbankキャンペーン

特にリップルを日本円・手数料ゼロで購入できるのはbitbankだけ。リップルの取引量は世界一で、仮想通貨トレーダーの方が気にする"流動性"も非常に高いです。

仮想通貨の購入・取引ならbitbankがおすすめです。


最後までお読み頂いてありがとうございました。