ビットコインなど暗号通貨を購入したり、日本円に換金するためには取引所に登録する必要があります。

今回は、日本最大級の暗号通貨取引所「コインチェック(COINCHECK)」の評判や登録方法を紹介します。
 
コインチェック以外の国内取引所についてはこちらの記事をご覧ください。

 


スポンサーリンク


コインチェックの評判は?

コインチェックのサイトを後程紹介しますが、すごくシンプルで使いやすいです。

スマホアプリもあり、初心者でも簡単に使うことが可能です。

また、取り扱っている通貨が多く、暗号通貨を購入するならまずここに登録しておくと良いでしょう。

ちなみに、コインチェックの運営会社はレジュプレス株式会社(ResuPress, inc.)という会社で、取締役社長は28歳の和田晃一良さんです。(前列左)

コインチェック運営会社のレジュプレス株式会社(ResuPress, inc.)
 

ネット上でコインチェックの評判を調べてみると、

「スマホのアプリの使い勝手が良い」
「銀行振込だけじゃなくてクレジットカードも使えるから便利」

などと言ったような使い勝手の良いという口コミが多かったです。

また、

「ログインする度にメールが届くから、セキュリティの面で安心」

といった声もありました。
 

次に、コインチェックの登録方法を紹介していきます。

コインチェックの登録方法まとめ

ではま、コインチェックへの登録方法を紹介していきます。
 

以下のURLをクリックして、公式サイトにアクセスします。

https://coincheck.com/ja/
 

メールアドレスとパスワードを入力します。※パスワードは任意のものをここで設定します。
アカウントを作成
 

以下のような画面になりますので、入力したメールアドレスの受信ボックスを確認します。
メールアドレスを確認
 

以下のようなメールが届いていますので、記載されているURLをクリックします。
メールアドレスの確認してURLをクリック
 

メールに記載のURLをクリックすると、コインチェックへログインした状態になります。
 

以上でコインチェックへの登録は完了になりますが、次に紹介する本人確認を必ずおこなうようにしてください。
 

本人確認をすることによって、「5万円/日を超える日本円の入金」と「3万円/日を超える日本円の出金」が可能になります。

コインチェックの本人確認の時間は?

【設定】をクリックします。
設定をクリック
 

【本人確認】をクリックします。
本人確認をクリック
 

住所などの個人情報を入力します。
本人確認 個人情報の入力
 

証明書(免許証など)と顔が入った写真ファイルを添付します。
本人確認書類1
 

免許証を証明書として使用する場合は、表面と裏面の写真ファイルを添付します。
本人確認書類2-3
 

写真ファイルを添付したら、【本人確認書類を提出する】をクリックします。
本人確認書類を提出する
 

以下のように「本人確認書類を受け付けました」というメッセージが表示されます。
本人確認書類を受け付けました
 

コインチェックからの返信は送信してから1日以内にメールが届いていました。

本人確認に掛かる時間は24時間以内と思っておいておいて良いでしょう。

本人確認に失敗すると?

私の場合ですが、写真が鮮明でなかったらしく、「本人認証に失敗しました」とメールが届きました。
本人認証に失敗しましたメール
 

サイト内にも以下のように本人認証に失敗した理由が掲載されていました。
本人確認未承認の理由
 

再び写真を撮り直し提出したところ、問題なく本人認証ができました。
 

以上、今回は

について紹介しました。
 
 
コインチェック以外の国内取引所についてはこちらの記事をご覧ください。



今おすすめの仮想通貨取引所はこちらです!

→ Bitbank公式サイト(https://bitbank.cc)

シンプルで軽量、高い機能性を備えたスマートなビットコイン・アルトコイン取引所です。スマホアプリ・PCの両方から快適に「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ライトコイン」「モナコイン」「ビットコインキャッシュ」の6つの仮想通貨をトレードすることができます。

今なら「全ペア取引手数料無料キャンペーン」開催中!※2018年9月末まで

bitbankキャンペーン

特にリップルを日本円・手数料ゼロで購入できるのはbitbankだけ。リップルの取引量は世界一で、仮想通貨トレーダーの方が気にする"流動性"も非常に高いです。

仮想通貨の購入・取引ならbitbankがおすすめです。


最後までお読み頂いてありがとうございました。