国内取引所の中で最も取引量が多いのがbitFlyer(ビットフライヤー)です。

2018年1月にヨーロッパでも取引を開始し、世界的にもトップクラスの取引所となりました。

セキュリティにも力を入れたり、サイトが見やすく初心者に優しい取引所だと思います。

今回はビットフライヤーの登録方法についてまとめました。

いつ入金できるようになるかについても調べてみました。

bitFlyer(ビットフライヤー)
 
 
bitFlyer(ビットフライヤー)以外の日本国内取引所についてこちらの記事にまとめています。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設方法まとめ!

ビットフライヤーの口座開設の手順を詳しくご紹介したいと思います。

ビットフライヤーに登録している情報によって「ウォレットクラス」と「トレードクラス」に分けられ、それぞれ利用できる範囲が異なります。

「ウォレットクラス」では文字通り「ウォレット」としての機能しかありません。
仮想通貨の売買をするためにはアカウントレベルを「トレードクラス」にしておく必要があります。
 
 

ウォレットクラス トレードクラス
仮想通貨の預入れ・送付
仮想通貨購入・売却 ×
日本円の入出金
Lightning ビットコイン先物 ビットコイン先物・FX・現物
仮想通貨送付・決済額上限 10万円/7日間 無制限
仮想通貨売買上限額 売買不可 無制限

 
この記事では「トレードクラス」になるために必要な以下の手順について順番に解説したいと思います。

  • アカウント登録・ご本人情報の登録
  • 身分証明書の提出
  • 銀行口座情報の登録

登録が完了しビットフライヤーから郵送されるハガキ(転送不要書類書留)を受け取った時点で「トレードクラス」になります

アカウント登録・ご本人情報の登録

1.ビットフライヤーへアクセスしアカウント登録
 
ビットフライヤーにはこちらからアクセスできます。
▶︎ https://bitflyer.jp

ビットフライヤーのサイトにアクセスしたら、
【無料アカウント作成】をクリックします。
ビットフライヤー無料アカウント作成
 

ビットフライヤーへのメールアドレス登録
 
Facebookアカウント・Yahoo ID・Googleアカウントからでも登録可能ですが、セキュリティ上おすすめできません

理由はFacebookアカウント・Yahoo ID・Googleアカウントと同じメールアドレスとパスワードで登録すると設定したパスワードが簡単なものであったり、他のパソコンなどでアカウントにログインした機会にパスワードが漏洩してしまう可能性が高くなるためです。

Facebookアカウント・Yahoo ID・Googleアカウントとは違うメールアドレス・パスワードで登録する方が安全です。

 

「新規作成」をクリックしたら下の画像の画面に切り替わります。
 
ビットフライヤーにキーワードを登録
 
 
2.メールを開き、URLをクリック。
 
登録したメールアドレスにメールが届いているので確認しましょう。
メールの「URLをクリックする」か「メールに記載のアルファベットのパスワードをコピー&ペースト」して次に進みます。
 
ビットフライヤーからのメール
 
 
3.利用規約を一読しェックボックスにチェックを入れ、「bitFlyerをはじめる」をクリック。
 
ビットフライヤー規約に同意する画面

これでアカウント登録は完了です。
 
 

身分証明書の提出

下の画像のポップアップが表示されるので、必要事項を登録して行きます。
 
ビットフライヤー登録までの流れ
 
1.取引確認の入力

以下の必要事項を入力し、「登録情報を確認する」をクリック。

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日(西暦)
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 市町村
  • 町名・番地
  • 電話番号(固定電話か携帯電話のどちらか)

 
ビットフライヤーのアカウント登録情報
 
 
2.入力した情報が間違っていなければ「ご本人情報を登録する」をクリック。
 
ビットフライヤーアカウント情報確認画面
 
 

本人確認書類の提出

↓このようなポップアップが表示されるので、本人確認書類を提出します。

ビットフライヤー本人確認書類提出へ進む画面
 
1.本人確認書類を画像で提出
まず提出する本人確認書類の種類を選択します。

ビットフライヤーに提出する本人確認書類を選択
 
今回は運転免許証を例にご説明します。

本人確認書類とは、以下の日本の官公庁が発行しているものです。
運転免許証以外にも下記の書類を提出することも可能。
 

  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 各種健康保険証・共済組合会員証(カードのタイプでも紙のタイプでも可)
  • 各種年金手帳
  • 各種福祉手帳
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票の写し
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

 
 
運転免許証の表面と裏面をパソコン内蔵のカメラやスマホなどで撮影しパソコンに保存します。
画像ファイルはJPG、PNGファイルで4MB以内という条件ですが、スマホやパソコンのカメラで撮影すれば問題なくアップロードできますよ。
 

↓の画面になるので「画像ファイルを選択する」か「画像ファイルを点線部分にドラッグ」のどちらかで登録します。

ビットフライヤーに本人確認書類を提出する方法

画面右側に画像が表示されたら、「ご本人確認資料を提出する」をクリック。
 
登録できると↓のポップアップが表示されます。
 
ビットフライヤーに本人確認書類提出完了
 
 
続いて利用目的などを登録しましょう。
 
2.職業や利用目的等の選択
職業や利用目的などを選択し「入力する」をクリック。
 
ビットフライヤーの利用目的

銀行口座情報の登録

最後に銀行口座情報の入力です。

ビットフライヤーの利用目的の登録完了

1.銀行口座情報を入力し、「登録情報を確認する」をクリック。
 
ビットフライヤーに銀行口座を登録
 
 
2.登録した内容に間違いがなければ「銀行口座を登録する」をクリック。
 
ビットフライヤーの銀行口座確認画面
 
銀行口座は後で変更することもできます。
以下のような画面が表示されたら、取引に必要な登録は終了です。
銀行口座情報の登録が完了しました
 
 
ホーム画面の右下にあるステータス欄を見てみると↓の画像の状態が表示されています。
 
ビットフライヤーの登録後のステータス

「本人確認書類」は登録した後、数分で「承認済」になっていました。

銀行口座は登録した銀行の営業時間との兼ね合いもあるので、土日を挟む場合などは承認まで数日かかることがあります。

「トレードクラス」にするために必要な本人確認情報の登録はこれで完了なので、あとはハガキが届くのを待つだけです。

ハガキは本人確認情報を登録してからおよそ3日で登録した住所に届きます。

承認待ちでも入金できる?

ビットフライヤーに登録した後はいつ日本円を入金したらいいのでしょうか?

銀行口座が承認されてから日本円を入金すれば銀行で入金処理が行われ次第、反映されます。

ビットフライヤーのホームページによると銀行口座の承認待ちの場合は日本円の入金はすぐに反映されず、銀行口座の確認が取れてからアカウントへ反映されるそうです。

入金が反映されない場合は、銀行口座の承認が済んでいるのかアカウントのステータスを確認しましょう。

 
 

以上、ビットフライヤーの登録方法についてまとめでした。

アカウントクラスを「トレードクラス」にするためには以下の3つの登録が必要です。

  • アカウント登録・ご本人情報の登録
  • 身分証明書の提出
  • 銀行口座情報の登録

登録自体は5分くらいで終えることができますが、3日後くらいに届くハガキを受け取ることで「トレードクラス」となります。

ハガキが届く頃には銀行口座が承認され日本円の入金が可能になります。

ビットフライヤーに登録してから実際に仮想通貨を取引できるようになるには3日くらいかかるということですね。
計画的に進めていきましょう。
 

bitFlyer(ビットフライヤー)以外の日本国内取引所についてこちらの記事にまとめています。



最後までお読み頂いてありがとうございました。

まだ仮想通貨の取引所に登録していない場合は、 まずはセキュリティの高いビットフライヤーがおすすめです。


▶ ビットフライヤーの公式ページはこちら


※取引するまでには本人確認等が必要ですので、すぐに購入できる準備をするためにもすぐに登録だけはしておきましょう。