こんにちは!仮想通貨投資実践中の羽貫です\( ˆoˆ )/
 

OKWAVEの子会社が開発しているwowbitのプレセール(2018年3月)が終了しましたね。
日本、中国やアメリカに住所がある人は(縁故販売を除いて)プレセールに申し込めなかったのが残念でした・・・。
 
 
「wowbitがどこの取引所に上場するのか」気になっていたところ、取引所についての情報がわかったのでご紹介したいと思います。

Twitterなどでも話題になっています!
 
Wowoo Exchangeについてのツイート
 
今回は、wowbitが上場予定の取引所「Wowoo Exchange」について3つの内容でまとめてみました。

  • ICO情報
  • 上場予定の仮想通貨
  • 協賛企業

wowbitを発行するwowoo

wowbitについてはこちらの記事をご覧ください。

 

wowbitが上場する取引所「Bit-Z」の評判や登録方法についてはこちらの記事をご覧ください。

 


スポンサーリンク


仮想通貨取引所Wowoo Exchangeプロジェクトとは?

Wowooは暗号通貨とトークンの取引所「Wowoo Exchange」を立ち上げるプロジェクトを発足しました。
 
ICOも予定しています!

ウェブサイトも公開されていますが、まだホワイトペーパーやロードマップなどは見ることができません。
(https://wowoo.exchange)

wowooexchange
 
 
イギリスと東南アジアを拠点にするそうなので、日本人からは「海外取引所」ということになりそうですね。
(後々日本にも進出するかもしれません!)
 
「どうして日本に拠点がないの??」と疑問に感じましたが、イギリスや東南アジアに拠点を置くことにはそれぞれ意味があるようです。
 
 
イギリスは世界トップクラスの仮想通貨市場

急速に整備されつつある仮想通貨の法律に順応していく上でイギリスに拠点を置くことが重要なんだそうです。
もちろん、Wowooプラットホームの存在感を示す上でも大きな意味がありそうですね。
 
 
東南アジアの主要都市であるバンコクやクアラルンプールは急速に経済が発展しています。
その勢いは日本や韓国などの地方都市以上。
東南アジアでブロックチェーンの先駆者となることでWowooが飛躍につながるそうです。
 
 
Wowoo Exchangeは2018年中にはオープンする予定です。
より詳しいロードマップはこれから発表されるので、わかり次第ご紹介したいと思います!
 

Wowoo ExchangeのICOはいつ?

Wowoo ExchangeのICO情報をまとめてみました。

ICOとは・・・プロジェクトを実行するために行う資金集めの方法。トークンを販売し集めたお金でプロジェクトを進めたり、運営費用にあてられます。
上場前のトークンは格安で購入し、上場したら価値が数倍になることもあります。
(ただし、仮想通貨が下落した時などは価値が上がらない可能性もあります)

 
まずはICOのプレセールで発行されるWWXトークンについてみていきましょう!

WWXの特徴や将来性は?

WWXの主な特徴は以下の4つ。

    1.Wowoo Exchangeで基軸通貨になる
    2.Wowoo Exchangeでの取引手数料が半額になる
    3.一定の数のトークンを持っていると、期間ごとに配当を受け取れる
    4.一定の数のトークンを持っていると、Wowoo Exchangeのアフィリエイトができる

1.2の「通貨」としての役割の他に3.4の「債権」のような役割も持っているのが特徴ですね。
 
1.2について詳しくみていきましょう。
(3.4についてはまだわからない部分が多いので、情報がまとまったら記事に追記します!)
 
 
1.Wowoo Exchangeで基軸通貨になる
基軸通貨とは、取引所内で取引の中心になる通貨で、上場している他の通貨と交換できます。
bitFlyerなどの国内取引所では日本円やビットコインが基軸通貨ですね。
 
ビットコインを基軸通貨にしている取引所が多いですが、Wowoo Exchangeでは「WWXと上場した仮想通貨との取引」がメインになるようです
利便性を考えれば、多分ビットコインでも取引可能だと思います。
 
 
2.Wowoo Exchangeでの取引手数料が半額になる
Binance(バイナンス)では取引所オリジナルのトークン、バイナンスコイン(BNB)発行しています。
 
取引手数料をBNBで支払うと半額になったり、BNBとペア通貨の取引では取引手数料が無料になるサービスもあります。
 
 
バイナンスコイン(BNB)についてはこちらの記事に詳しくまとめています。

 

WWXもBNBと同じように「取引手数料が半額になる」ようです。
バイナンスがBNBを基軸通貨とした分散型取引所を立ち上げる」というニュースを発表してから価格が上昇しています。
BNBのチャート
 
 
「WWXの将来性はどうなの?」ということ考えてみました!
 
Wowoo Exchangeの利用者が増えることが最大の要因だと思います。
BNBのように基軸通貨として使われる→需要が伸び、価格が上がることに繋がりそうです。
 
「Wowooが盛り上がる→wowbitが取引される」ことも必要不可欠ですね。
 
ICO前から「4.一定の数のトークンを持っていると、WowooExchangeのアフィリエイトができる」という情報を流していることを考えると、
プロモーションにも力を入れてくるのではないかと思います。
 
ただし、2018年は世界的に仮想通貨への規制の動きが高まってきているので、法律面の難しさもあり、プロジェクトが順調に進まないことも考えられますね。
 
Wowooプロジェクト全体が盛り上がって「Wowoo Exchange」が大規模な取引所になれば、取引量・市場価値が上昇するのではないでしょうか??
私は長期的に見れば期待できると思っています!
 
 

価格や販売期間について

プレセールでの販売価格は、1WWX=0.05ドル(日本円で約5.2円)
ビットコインまたはイーサリアムで購入します。
 

wowbit同様に日本人はプレセールに参加することはできません。
 
3月20日に縁故販売が開始されていますが、限られた人しか購入できないです。
(縁故販売とは、WowooExchangeの関係者やつながりのある人だけに販売するもの。)
 

ICO実施時期は2018年5月下旬か6月頃です。

ICO後はWowooExchangeがオープンと同時にWWXが上場という流れになると思われます。

WWXを買うためには

WowooExchangeに登録

ビットコインなど送金
(日本円とWWXで取引できる可能性は薄い)

WWX購入

 
という手順になるので、まずはビットコインを手に入れておきましょう。
 

私はセキュリティ面と資本面がしっかりしているビットフライヤーを利用しています。

ビットフライヤーは以下を始めとするセキュリティ対策を行なっており海外からの評価も高いそうですよ。

  • 大半の仮想通貨をコールドウォレットに保管や分散管理
  • 最強クラスの暗号化技術を採用
  • アカウント凍結や自動ログアウトなどアカウント保護

また、三井住友銀行やみずほ銀行などのメガバンクや大手企業がスポンサーとなっていて資本面も国内最大級です。

ビットフライヤーの登録方法についてはこちらの記事をご覧ください。

 
 

※SNSなどで「ICOに参加できるよ!」と発信されていると詐欺の可能性もあるのでご注意ください・・・。
ICOの案件ではSNSを使って購入を呼びかける詐欺が横行しています!!

 
 
 
以下では「上場予定の仮想通貨の種類について」と「協賛企業について」わかったことをまとめました。

Wowoo Exchangeの上場予定の仮想通貨について

取引所Wowoo Exdhangeに上場予定の仮想通貨の種類がいくつかわかりました。

  • BTC、ETH、NEOなどの主要な仮想通貨
  • NEOトークン(NEOブロックチェーン上で発行されたトークン)
  • Wowooプラットホーム上でICOを実施する全てのトークン

 
2月末にイーサリアムブロックチェーンからNEOブロックチェーンに移行したwowbitも上場予定
 
 
そして今後Wowooプラットホーム上でICOを実施する全てのトークンが上場されるそうです。
Wowooに欠かせない存在になっていきそうですね。

Wowoo Exchangeの協賛企業は?重要人物アダム・バジリ氏とは?

Wowooホームページ(http://wowoonet.com/news.html#news_2018_7)によると2018年3月現在、協賛企業が2社発表されています。

  • QRC HK Limited.
  • Next Chymia Consulting HK

どんな企業なのか見ていきましょう。
 
 
・QRC HK Limited.

Wowoo Exchangeの協賛企業QRCグループ

QRC HK Limited.は以下の3つの事業を行なっています。
 
QRCハブ
トークンの発行を計画しているスタートアップ企業への支援。
ブロックチェーン製品への安全性の向上とトークンの発行に完全な説明責任やコンプライアンスの付随。
 
QRC研究所
ブロックチェーンとレグテック(技術によって金融を規制すること)の研究。
 
QRCベンチャー
レグテック(技術によって金融を規制すること)のツールやアプリケーションをもつブロックチェーンのベンチャー企業への投資。

注目したいのは、イギリスの仮想通貨関連の弁護士アダム・バジリ氏が共同設立者に就任していること。
 
アダム・バジリ
 
クオンタの法律顧問も務めた経歴があり仮想通貨の法律に深く関わっている人物です。
 

QRC HK Limited.URL:http://qrc.group/

 
 
・Next Chymia Consulting HK Limited.
Wowoo Exchangeの協賛企業
 
Next Chymia Consulting HK Limited.は以下の3つの事業を行なっています。
 
開発
アプリケーションのプログラミングの提供。
企業内のネットワークへのブロックチェーンの導入。

コンサル
ブロックチェーンを企業に導入に関してのコンサルや最適化に関する事業。

教育
ブロックチェーンや関連技術に関するセミナーやワークショップの開催。

Next Chymia Consulting HK Limited.のホームページを見てみると関連企業の中には「Wowoo」の名前がありました!
 
Next Chymia Consulting HK Limited.の関連企業
 

Next Chymia Consulting HK Limited.URL:http://chymia.io/

 
 

以上、Wowbitが上場予定の取引所Wowoo Exchangeについて取り扱い仮想通貨や協賛企業についてまとめました。

上場予定の仮想通貨は以下の通りです。

  • BTC、ETH、NEOなどの主要仮想通貨
  • NEP-5トークン(NEOブロックチェーンで発行されたトークン)
  • Wowooプラットホーム上でICOを実施する全てのトークン

以下のブロックチェーンに精通した2社が協賛しています。

  • QRC HK Limited.
  • Next Chymia Consulting HK Limited.

どちらの企業も

  • ブロックチェーン技術の研究・開発
  • 一般企業へのブロックチェーン導入の技術提供やコンサル

などの業務を行なっています。

ブロックチェーン技術に精通している企業のバックアップを受けながらプロジェクトが立ち上げられたということですね。
ますますWowooプロジェクトに期待が高まります!
 
 
wowbitについてはこちらの記事をご覧ください。



今おすすめの仮想通貨取引所はこちらです!

→ Bitbank公式サイト(https://bitbank.cc)

シンプルで軽量、高い機能性を備えたスマートなビットコイン・アルトコイン取引所です。スマホアプリ・PCの両方から快適に「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ライトコイン」「モナコイン」「ビットコインキャッシュ」の6つの仮想通貨をトレードすることができます。

今なら「全ペア取引手数料無料キャンペーン」開催中!※2018年9月末まで

bitbankキャンペーン

特にリップルを日本円・手数料ゼロで購入できるのはbitbankだけ。リップルの取引量は世界一で、仮想通貨トレーダーの方が気にする"流動性"も非常に高いです。

仮想通貨の購入・取引ならbitbankがおすすめです。


最後までお読み頂いてありがとうございました。