ビットコインのペーパーウォレットとは、ビットコインを入れたペーパーつまり紙の財布のことです。

もちろん、ビットコインはデジタルデータなので財布と言ってもデータを印刷した紙面になります。

「デジタルなのに紙」なわけですが、逆にこの組み合わせがデータ保管の安全性を高めています。

ここでは、その作り方や使い方を説明しましょう。

ビットコインのペーパーウォレットとは?

ビットコインのペーパーウォレット、具体的には、紙面上にアドレス(公開鍵)と秘密鍵を印刷したものです。

印刷可能な媒体であれば、紙以外に印刷することも可能ですが、通称としては材質に関わらず「ペーパーウォレット」です。

ペーパーウォレットは究極のオフラインですので、作り方や使い方さえ間違えなければセキュリティー的に強固です。

従って、比較的大きな額を長期的に保管するのに適した方法です。

また、安価な紙に印刷するものなので、低額のビットコインを気軽に配るのにも使えます。

ビットコインのペーパーウォレットの使い方

但し、紙に印刷したものなので、

  • 紙や印刷が時間経過によって劣化したり
  • 火災等で毀損したり
  • 盗難に遭う


などでビットコインが失われるおそれがあります。

もっとも、材質をプラスチックシートにすれば安くて経時劣化のないものにできますし、金属板にするとか貸金庫に保管するとかすれば安心です。

ペーパーウォレットの作り方

ペーパーウォレットの作り方は簡単です。

基本的に、アドレス(公開鍵)と秘密鍵をつくって印刷するだけです。

この作業はオンラインのサービスを利用して行うこともできます。

しかし、オンラインの状態でペーパーウォレットを作成する場合、作業環境がネットにつながっているとセキュリティー的な堅牢さが損なわれる危険があります。

このため、通常は、オフラインで作業を行います。

具体的には、まず、ペーパーウォレット作成ソフトをダウンロードします。

https://www.bitaddress.org/などから入手できます。

ビットコインのペーパーウォレットの作り方

次にオフラインにしてペーパーウォレット作成ソフトを起動します。

詳細な手順はペーパーウォレット作成ソフトによって異なるものの、基本的にはペーパーウォレット作成をメニューから選択します。

ここでランダムな入力をします。

一例としてはマウスをデタラメに動かすという動作です。

これにより、暗号鍵とそれに対応するアドレス(公開鍵)が生成されます。

最後に暗号鍵とアドレスを印刷します。

印刷物がペーパーウォレットです。

一般的には紙などの媒体上に暗号鍵とアドレスそれぞれをQRコードとして印刷したものです。

ペーパーウォレットが物理的に盗まれる可能性を考慮すると、印刷の際に秘密鍵を暗号化しておくのもひとつの対策です。

但し、暗号化のパスワードを忘れてしまうと、ペーパーウォレットからビットコインを取り出せなくなります。

言うまでもありませんが、この作業に用いるウォレットは、ウイルスやマルウェア等に冒されていない安全なものでなければなりません。

画像が重要という点では、盗撮ソフトが存在しないことも重要です。

徹底ならば、プリンターも安全なものを選択すべきでしょう。

さて、以上の作業でペーパーウォレットはできましたが、この状態ではまだ空の財布です。

ペーパーウォレット作成作業でランダム生成したアドレスにビットコインを入金します。

アドレスはわかっているので、この作業は普通のビットコイン送金と変わりません。

こうして、物理的外観は入金前と変わりませんが、ビットコイン入りのペーパーウォレットができました。

もちろん、作成したペーパーウォレットを他人に見せてはいけません。

紙というよりは金属片などに耐劣化性の強いインクで印刷し、これを銀行の金庫などにしまっておけば安心です。

どんなに有能なクラッカーでも、これを盗むことはできません。

また、超強力な電磁波が地球を駆け抜けても、ビットコインが失われることはありません。

ペーパーウォレットの使い方

ビットコイン入りのペーパーウォレットからビットコインを取り出してみましょう。

適当なウォレットサービスなどにアクセスし、ペーパーウォレットのアドレスにビットコインが入っていることを確認します。

次に送金先、例えば、モバイルウォレットのアドレスにビットコインを送金します。

この際に秘密鍵を読み取ることになります。

通常、秘密鍵はQRコードとして印刷しているので、スマホなどのカメラで読み取ればOKです。

秘密鍵を暗号化している場合はパスワードを入力します。

些少な手数料が必要ですが、通常同様の送金でモバイルウォレットにビットコインが移りました。

秘密鍵を読み取っているため、通常、ペーパーウォレットのアドレスは一度しか使用しません。

ペーパーウォレットの可能性

一般にペーパーウォレットは高額のビットコインをオフラインで安全に保管するために使われます。

しかし、紙媒体を使用した場合は別の使い方もできます。

具体的には、現金と同じようにペーパーウォレットが使用できます。

アドレス+暗号鍵の印刷された紙片を使えば他人にビットコインを気軽に手渡し可能です。

紙片だけだとビットコインの金額は確認できませんが、相互に信頼できる関係ならば、ごく簡単にビットコインの移転ができます。
 

以上、今回は

について紹介しました。



最後までお読み頂いてありがとうございました。

まだ仮想通貨の取引所に登録していない場合は、 まずはセキュリティの高いビットフライヤーがおすすめです。


▶ ビットフライヤーの公式ページはこちら


※取引するまでには本人確認等が必要ですので、すぐに購入できる準備をするためにもすぐに登録だけはしておきましょう。