セキュリティが強固でビットコインの他に主要なアルトコインの取引ができることで評判のビットバンク。

今回は、bitbank(ビットバンク)の口座開設方法についてまとめました。
口座開設を申し込んでから何日後に口座が有効化されるのかもご覧ください。

ビットバンク のロゴ
 
bitbank以外の国内取引所についてはこちらの記事にまとめてあります。

bitbank(ビットバンク)の口座開設方法まとめ!

ビットバンクの口座開設の大まかな流れは以下の通りです。
 

  • アカウント開設
  • 基本情報の登録
  • 本人確認書類の提出
  • 確認書類の受け取り

 

流れを詳しく解説していきます!
 
1.ビットバンクにアクセスしメールアドレスを登録
 
ビットバンクにはこちらからアクセスできますよ。
▶︎ https://bitbank.cc
 
bitbankに口座開設
 

メールアドレスを登録すると↓こちらの画面になります。
 
ビットバンクからメールを確認

 
 
2.ビットバンクからのメール内のURLからアクセス

ビットバンクから登録したメールアドレスに以下のようなメールが届きます。
メールに記載のリンクをクリック。
 
ビットバンクからのメール内容
 
 
3.パスワードの設定

アルファベット大文字・小文字・数字を組み合わせてパスワードを設定します。
 

仮想通貨に詳しい方の話だと、6桁程度のパスワードでは1.2分で破られてしまうそうなので12桁以上のパスワードが望ましいそうです。

 
利用規約を一読したら「登録」をクリック。
 
ビットバンクへパスワードを登録
 
 
4.基本情報を登録
以下の情報をそれぞれ入力し、「次に進む」をクリック。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 住所

 
基本情報登録画面
 
ビットバンクに住所等登録
 
 
5.取引の目的や職業を選択

ビットバンクの取引の目的

確認」をクリックし、次の画面で入力内容に間違いがなければ登録します。
これで基本情報の入力は完了です。
 
ビットバンクに基本情報登録完了
 
 
6.本人確認書類の提出

本人確認書類として提出できるのは以下の4つ。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

 
今回は運転免許証を例にご説明します。
下の画像のように運転免許証の表面・裏面を選択します。
 
ビットバンクへ本人確認書類の提出
 
文字がくっきり写っていることや運転免許証全体が写っていることを確認して「この内容で登録する」をクリック。
 
ビットバンクへ本人確認書類の登録画面
 
本人確認書類の提出が完了し↓の画面に変わります。
 
ビットバンク本人確認書類審査
 
 
本人確認書類をアップロードすると以下のメールが届くので確認しておきましょう。
 
ビットバンクからの本人確認書類のアップロード完了メール

メールには「本人確認書類の審査が完了するまでは1-2週間かかる」ということですが、ネットで調べてみると、現状は書類の郵送には2週間ほどかかる様です。

ビットバンクが書類の受け取りを確認してから「口座の有効化の手続き」を行うことで日本円の入出金・仮想通貨の取引ができるようになる流れになります。
 
 
7.口座の有効化

ログイン>登録情報>本人確認書類から行います。

暗証番号で有効化」をクリック。
 
bitbankの口座有効化
 
ハガキに記載の暗証番号を入力し、「有効化」をクリック。
 
bitbankハガキの暗証番号を入力
 
口座の有効化の手続きをしてから1営業日で完了するので、口座開設が完了し、取引ができる様になる日数は15日くらい必要ということですね。

確認書類が届くのがあまりに遅い場合は問い合わせましょう。
 

以上、bitbank(ビットバンク)の口座開設方法まとめでした。

アカウントの作成や本人確認書類の提出は5分くらいで完了しました。

口座が有効かされるまでの日数は15日ほどかかるので早めに口座開設の申し込みをして気長に待ちましょう。

bitbank以外の国内取引所についてはこちらの記事にまとめてあります。



最後までお読み頂いてありがとうございました。

まだ仮想通貨の取引所に登録していない場合は、 まずはセキュリティの高いビットフライヤーがおすすめです。


▶ ビットフライヤーの公式ページはこちら


※取引するまでには本人確認等が必要ですので、すぐに購入できる準備をするためにもすぐに登録だけはしておきましょう。